近場だからできる節約方法!どんなプランや輸送方法がお勧めなの!?

 

引っ越し先が近場という場合には、専門業者によって展開されている近場への引っ越し専門のプランを活用することをおすすめします。

 

大手の業者では、輸送距離が数km~数十km以内、あるいは同じ町内などの条件付きの引っ越しに適した割安プランを用意している場合がほとんどであり、

通常の引っ越し費用の相場から半額ほどの料金抑えられることもあります。

 

一例として、

  • 大手運送業の単身パック
  • 日時指定なしのフリー便プラン
  • 最低限の荷物を詰めるだけ積み切り便プラン

 

割安料金といっても受けられるサービス内容は通常の引っ越しと同様ですから、重たい荷物の搬出入は全て引っ越し業者のスタッフに一任できます。

 

 

一律で「高い」と思われることの多い大手引っ越し業者ですが、利用の仕方によっては想像を遥かに下回る低価格で利用することもできるということを覚えておいて損は無いでしょう。

 

 

近場であれば、引越し業者とは異なりますが、赤帽の利用も検討して下さい。

荷物のタクシー版となるので、距離に応じての料金は引越し業者を利用するより格安となります。

 

 

ただし、配送スタッフは基本1名での作業となるので、運搬や積み込み作業では助っ人としてお客様ご自身のお手伝いが必要となるケースもあります。

 

 

また引越し業者のプラン以外では、

自家用車や運転免許を所持しているということであれば、自分自身の手で新居に家財を運ぶ、いわゆる自力引越しという手段もあります。

 

 

ただし冷蔵庫やタンスといった大型の家財も全て自分の手で運搬しなければなりませんから、現実的に作業が難しかったり、そもそも車に荷物が載り切らないといった問題が起こる可能性もあります。

 

 

大型家具の荷造りや、運搬作業そのものを問題なく行う自信があるのならば、レンタカーでトラックを借りて利用しても良いでしょう。

 

 

 

その他では、タクシーを利用した引っ越しも近距離であればおすすめできます。

 

スーツケース2つ分と手荷物程度であれば一般的なタクシーに積み込むことができますから、数kmの移動であれば1回あたり1,000円たらずの金額で荷物を新居に送ることが可能です。

 

タクシーに載せることのできない大型の家財や物干し竿などの幅を取る荷物は、宅配業者の家財便などで別途発送することも可能なので、タクシーと宅配業者の併用も荷物の量次第では有効な引っ越し方法になります。